当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。

お肌のお悩みQ&A

スキンケアアドバイス

ハーバーはどの年代向けの化粧品ですか?

ハーバーはどの年代向けの化粧品ですか?

どの年代の方にもおすすめです。若い方にも年配の方にもお使いいただける商品、ラインがあります。肌状態、お悩みでお選び下さい。

敏感肌でも使えますか?

敏感肌でも使えますか?

ハーバーでは全商品無添加で、肌にやさしい安全性の確認された成分のみを厳選してお作りしており、敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。肌との相性も考えられますので、ご心配な場合はサンプルからお試しください。

季節によってスキンケアは変えた方が良いのですか?

季節によってスキンケアは変えた方が良いのですか?

基本的に、年間を通して同じものをお使いいただけます。肌の様子を見て、まずは化粧水、スクワランの量を加減してください。肌の様子によりスペシャルケアをお試しください。

ハーバーの化粧品を使用していますが、いまひとつ、お手入れの方法が良く分かりません。基本のお手入れ方法について教えてください。

ハーバーの化粧品を使用していますが、いまひとつ、お手入れの方法が良く分かりません。基本のお手入れ方法について教えてください。

ハーバーの「スクワラン美容」は、肌に不足している必要最低限の成分を補うことで、肌を美しく保つ美容法です。

基本の3ステップ「1:洗顔、2:潤い(化粧水)、3:保護(スクワラン等)」をご紹介いたします。
丁寧な洗顔後、化粧水を手のひらのくぼみに適量をとり、顔全体になじませます。リズミカルに30秒で5回重ねづけが目安ですが、お肌が欲しがっている分(肌表面に水滴が残るようになるくらい)を、何度も繰り返してつけてください。つける量は、肌状態によって調節します。
その後、ローションが乾かないうちに『スクワラン』を1~2滴手に取り、手のひらで薄く伸ばしてから顔全体につけます。
2~3分後、手で肌を軽くおさえてみて、しっとりしていれば、使用量が適切であるサインです。ベタついたり、カサつく場合には、化粧水の量を増やし、『スクワラン』の量を加減してください(カサつく部分にはちょっと多めに、ベタつく部分には少なめに)。

女性の肌はとてもデリケートです。生活環境、食生活、ストレスやホルモンの影響を受けやすく、常に一定の状態ではありません。そのときどきの肌の状態に合わせて、ご使用量を調節してください。

初めて使う化粧品をいきなり顔につけるのはちょっと抵抗が・・・。何か良いお試し方法があれば教えてください。

初めて使う化粧品をいきなり顔につけるのはちょっと抵抗が・・・。何か良いお試し方法があれば教えてください。

一般的なパッチテストは二の腕の内側などに行いますが、化粧品は直接お顔につけるものですので、洗顔後すぐのお肌が清潔な状態で、首と顔の境目(フェイスライン)のあたりに、商品を適量(『スクワラン』の場合は1滴ぐらい)つけてみてください。その後、ヒリヒリする、かゆい、赤くなるなどの違和感がないようでしたら、商品との相性は良いといえます。
違和感が発生した場合にはご使用を控えていただかなければなりませんが、最初の一度だけでしたらその他の理由も考えられますので、お肌が落ち着かれてから再度お試しいただくようおすすめしております。女性のお肌は大変デリケートですので、風邪をひいているときや生理前など、お肌が不安定な状態のときにはお試しにならないようお願いいたします。

睡眠不足のせいか目の下のくまが目立ってしまい、とても気になります。なにかいいお手入れ方法はないでしょうか。

睡眠不足のせいか目の下のくまが目立ってしまい、とても気になります。なにかいいお手入れ方法はないでしょうか。

くまは、ストレスが原因となってできる場合のほか、低血圧の方、アトピー症の方などに出やすいといわれております。目の下は皮膚が薄いため、血行不良で毛細血管に老廃物がたまっている場合に透けて見えたり、血管壁から血液がにじみ出たものが古くなり黒ずんで見えたりする状態です。
目の周りを、指先でトントンと軽くたたいて刺激を与えるケア(目の下から鼻の方へ、目の上から目じりの方へ、目じりから下方へ)を続けると血行も良くなってきます。ぜひお試しください。
また、硬くなった角質をしっとりさせることで、くまが目立ちにくくなります。洗顔後、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて目の下においていただく“ローションパック”もおすすめいたします。
体の内側からのお手入れには、毛細血管の血行を良くするための「ビタミンE」と、血液がにじみ出るのを防ぐよう血管壁を強化するための「ビタミンC」を積極的にお摂りいただくと良いと思います。

フェイスライン全体にハリが欲しいのですが、『リフトアップセラム』と『うるおい伝説Ⅱ』どちらが良いのでしょうか?

フェイスライン全体にハリが欲しいのですが、『リフトアップセラム』と『うるおい伝説Ⅱ』どちらが良いのでしょうか?

どちらか1つの商品であれば、「リフトアップセラム」をおすすめします。物足りなさを感じる部分には、少量、重ねづけをなさってください。
『うるおい伝説Ⅱ』は、様々な美容成分を閉じ込めた超微粒子カプセルが角質の奥深くに浸透し、“肌の奥”からうるおいを高める美容液です。
一方『リフトアップセラム』は、高浸透性ビタミンC誘導体である“アプレシエ”が肌の奥深くまで浸透し、肌にパーンとしたハリ感をもたらし、顔全体が引き締まったかの様な手ごたえがあります。

化粧水は、手でつけるのとコットンを使用するのと違いが出てくるのですか?

化粧水は、手でつけるのとコットンを使用するのと違いが出てくるのですか?

手でお使いいただくと、お肌の状態を手の平で確認することができ、手の平全体でお顔を包み込むように押さえることで、化粧水の浸透を促します。また、化粧水をコットンでご使用になると、コットンの繊維で肌を傷つけたり、コットンに奪われる化粧水の量も多くなるため、ハーバーでは、手を使って充分な重ねづけをし、肌にたっぷりと水分補給することをおすすめしています。

ニキビがひどくて悩んでいます。クレンジング・洗顔など、どの商品を使用したらいいのか、お手入れ方法を詳しく教えてください。

ニキビがひどくて悩んでいます。クレンジング・洗顔など、どの商品を使用したらいいのか、お手入れ方法を詳しく教えてください。

お手入れのポイントは、丁寧なクレンジングと洗顔の後、化粧水による充分な水分補給と、少量のスクワランで肌の水分と油分のバランスを整えることです。また、脂性ゾーン(額、小鼻周り、アゴ)と乾性ゾーン(目元、口元、額など)を区別してケアすることも大切です。
まず、メイク落としには、すっきりなのにつっぱらない、2度洗い不要の『ミクロフォースクレンジング』がおすすめです。メイクをしていない場合には、酵素の力で毛穴の汚れもすっきり落とす『スクワパウダーウォッシュ』をよく泡立て、顔を包み込むように洗い、丁寧に洗い流してください。
次に『薬用ホワイトレディ』を4~5プッシュ、気になる所からなじませた後、化粧水を顔全体に少量ずつ、肌が充分にうるおうまで5~6回は重ねづけします。その後、肌表面に水滴が残っている状態で『スクワラン』1滴を両手に広げ乾性ゾーンからなじませます。化粧水は“ビタミンC誘導体”などを配合した『薬用VCローション』がおすすめです。

大人のニキビのお手入れ方法は?

大人のニキビのお手入れ方法は?

ニキビの原因は、遺伝、クレンジング不足、ストレス、生活環境による皮脂分泌の増などに加え、紫外線や活性酸素によっても毛孔内の脂質がダメージを受けて、過酸化脂質が増大し、皮脂排管が詰まってしまうなど、さまざまな原因が挙げられます。首やあごまわりのニキビは、ホルモンのバランスを崩した場合にできることが多いようです(特に生理前は、体温の上昇やホルモンのアンバランスによって、皮脂腺を刺激し、通常はニキビができやすくなります)。また、大人のニキビは、加齢とともに毛穴がたるみ、皮脂の分泌がスムーズに排出されないことも要因です。
お手入れのポイントとしましては、洗顔前に「蒸しタオル」を顔に当てていただくと肌が柔らかくなり、毛穴が開いて汚れが外に出やすくなります。ニキビを作らないためにも余分な皮脂や汚れをきちんと取り除いて、清潔な肌に保つことが大切です。
『スクワクレンジング』には、肌の角質を柔らかくしニキビの原因となる毛穴の汚れを溶かし浮き上がらせる効果がありますので、ご使用の際にはたっぷりの量を優しくなじませて、丁寧に洗い流してください。
洗顔の際には、『スクワパウダーウォッシュ』を使った泡パックもおすすめします。また肌の水分が不足すると角質がはがれにくくなり、毛穴を詰まらせてしまうことがありますので、水分(化粧水)をたっぷり与えるようにしましょう。基本3ステップの化粧水は『薬用VCローション』を、またスペシャルケアとして“ビタミンC誘導体”高配合の『薬用ホワイトレディ』や、『薬用白い騎士』のご使用をおすすめいたします。
ニキビ予防のためには、スキンケアだけではなく体の内側からのケアも肝要です。油っぽい食事や、甘いものを多く摂りすぎるとニキビができやすくなります。脂質や糖質をエネルギーに替える「ビタミンB群」などを積極的に摂ることをおすすめいたします。

背中ニキビや胸元のニキビが気になるのですが、ケアするにはどの商品が良いのでしょうか?

背中ニキビや胸元のニキビが気になるのですが、ケアするにはどの商品が良いのでしょうか?

体のニキビは、皮脂の過剰な分泌により、毛穴がつまりやすくなることが原因といわれています。特に背中や胸元は皮脂腺が多く、加えて背中は新陳代謝が遅いため角質が厚くなりやすく、汗も溜まりやすいことから、ニキビができやすい部分ともいえます。
常に肌を清潔に保つことはもちろん大切ですが、ニキビが出来てしまった場合はゴシゴシ洗わず、石けんなどはしっかりと泡立てから、丁寧に洗うよう心がけてください。ハーバーでは、ボディ用として『ラベンダーボディシャンプー』を、ボディ・洗顔用として『絹泡石けん』をご用意しています。皮脂や汚れを落とし、すっきりと洗い上げますので、ニキビが出来やすい方にもおすすめです。
また、酵素を配合した『スクワパウダーウォッシュ』を使った泡パックもおすすめです。入浴の際、体を洗った後に、泡立てた『スクワパウダーウォッシュ』を気になる部分にのせて、2~3分おいてから洗い流すお手入れもおすすめです。

毛穴の黒ずみや汚れをキレイにとるにはどうしたらよいですか?

毛穴の黒ずみや汚れをキレイにとるにはどうしたらよいですか?

毛穴の黒ずみに効果的なお手入れとしては『スクワパウダーウォッシュ』を使った泡のパックがおすすめです。酵素配合で、毛穴につまった古い角質や汚れをすっきり落とします。洗顔の際に、泡立てた『スクワパウダーウォッシュ』を気になるところに2~3分置いて洗い流すだけの簡単パックですので、肌の様子を見ながら週に1~2回お続けください。『ツーウェイジェル』や『イオンマイエステⅡ』でのイオンクレンジングもおすすめです。

子供の世話が優先で、自分のお肌のお手入れは二の次です。いつものお手入れ(化粧水+スクワラン)をするのですが、肌がピリピリして化粧水の浸透もいまひとつな気がします。何かお勧めのお手入れ方法はないでしょう

子供の世話が優先で、自分のお肌のお手入れは二の次です。いつものお手入れ(化粧水+スクワラン)をするのですが、肌がピリピリして化粧水の浸透もいまひとつな気がします。何かお勧めのお手入れ方法はないでしょうか?

お風呂から上がって肌に水滴がついている状態で『スクワラン』を1~数滴なじませる、シンプルなケアをおすすめいたします。水が化粧水の代わりとなり、スクワランと混ざり合って肌を乾燥から守ります。その後、ピリピリしていたお肌の状態が落ちついてきましたら、いつもお使いの化粧水と『スクワラン』でのお手入れをなさってください。
いつもハーバー商品でお手入れをされているとのことですので、基本的にお肌との相性はよろしいかと存じますが、肌の違和感が一時的ではなく、使用する度に反応がでてしまう場合には、残念ながらお肌と商品に配合している何らかの成分との相性が良くないことが考えられます。その場合には、商品のご使用をストップしていただきますようお願いします。

現在『薬用ホワイトレディ』と『薬用VCローション』を使用していますが、肌がべたついて困っています。使用している量が多いのでしょうか?

現在『薬用ホワイトレディ』と『薬用VCローション』を使用していますが、肌がべたついて困っています。使用している量が多いのでしょうか?

肌のべたつきが気になるとのことですが、うるおいが不足し水分と油分のバランスが崩れることで皮脂が出やすくなることもあります。化粧水は肌が充分うるおうまで5回程度は重ねづけしてください。少量ずつ何度も重ねてつける方が肌にたくさん入って効果的です。
『薬用VCローション』はしっとりタイプの化粧水です。肌の調子が良いようなら、そのままご使用いただくことをおすすめしますが、使用感が重く感じられる場合には、海と山のミネラルを配合した、みずみずしい感触でさっぱりタイプの化粧水『Gローション』をお試しください。

ノーケアは本当にいいの?

ノーケアは本当にいいの?

肌自体の自然治癒力を高める目的で、何もケアせずにいることはすばらしいことです。
ハーバーも、「必要最小限を補い、自然治癒力を高めていく」ことを大切にしていますので、お客様が何もしなくても大丈夫と感じられるようでしたら、それは肌自体がとても健康になっているサインであると考えて良いと思います。
日々変化する肌の声には充分注意していただき、肌が要求しているときにだけ、必要最小限のものを与えるようになさってください。

ベタつきがちな10代のスキンケアについて教えてください。

ベタつきがちな10代のスキンケアについて教えてください。

10代の肌はもともと皮脂の分泌が盛んです。ベタつき防止に大切なのは、こまめな洗顔と、肌のオイルバランスを整えることです。
年齢的にも、ベタつきが気になるような季節には『スクワラン』はあまり必要ないでしょう。ただし、水分不足は逆に皮脂過剰を招くことがありますので、常に、『Gローション』で水分をたっぷり補うことを心がけてください。

夏は脂性肌、冬は乾燥肌。お手入れ方法のアドバイスを教えてください。

夏は脂性肌、冬は乾燥肌。お手入れ方法のアドバイスを教えてください。

女性の肌はとてもデリケートです。常に一定の状態ではなく、特に季節の変化によって肌の状態が変わりますので、肌の様子に合わせてお手入れなさることが大切です。
若々しく美しい肌を保つには、まずはたっぷりの水分が必要です。洗顔後、化粧水を少しずつ手に取り、5回以上何度も重ねづけをしてください。肌が乾燥している時は、重ねづけの回数を増やしてください。肌に水滴が残るようになってきたら、肌が充分にうるおった合図です。その後、化粧水が乾かないうちに『スクワラン』1滴を肌になじませます。2~3分経ってからお肌の状態を手で触って確認してください。しっとりしていれば使用量は適切ですが、ベタついたりカサついている場合は量を加減してください。冬に比べ夏は『スクワラン』はごく少量で済むはずです。皮脂分泌が多めでベタつきがちな部分は、油分はほとんど必要ありません。

毛穴で悩んでいます。30代になり、最近はっきり気づいたんですけど、小鼻とその横の頬の毛穴が開いているんです。何か良いスキンケアはないでしょうか?

毛穴で悩んでいます。30代になり、最近はっきり気づいたんですけど、小鼻とその横の頬の毛穴が開いているんです。何か良いスキンケアはないでしょうか?

乾燥などの影響による潤い不足や、睡眠不足、加齢は、肌内部にあるコラーゲン・エラスチンなどの弾力繊維の働きを弱めますので、やがてハリや弾力が低下して、肌がたるみ、毛穴が目立ちやすくなります。さらに、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が広がって、皮脂がファンデーションなどの汚れと混ざり合うことで、毛穴の黒ずみの原因となる場合もあります。
お手入れのポイントとしては、クレンジングや洗顔を丁寧に行い、化粧水による充分な水分補給と少量の『スクワラン』で“水分と油分のバランス”を整えるケアを行うことが大切です。
メイクをされている場合には、たっぷりの量のクレンジングで丁寧にメイクを落とします。『スクワクレンジング』には角栓をやわらかくし浮かせる効果がありますので、クルクルとやさしく小鼻をマッサージしていただくと良いと思います。また、『スクワパウダーウォッシュ』には、古い角質を取り除く酵素や植物成分を配合しておりますので、ノーメイク時の洗顔に、よく泡立ててお使いください。洗顔後は、肌を引き締める効果のある“ビタミンC誘導体”を配合した薬用美容液『薬用ホワイトレディ』や、『薬用VCローション』『薬用ホワイトニングスクワラン』などのご使用をおすすめいたします。特に『薬用VCローション』は、手のくぼみに少量をとり、お肌がしっとり、冷たくなるくらいまで5回以上重ねづけをします。化粧水を少しずつ繰り返し与えて、たっぷりと水分を補給することが大切です。
また、鼻をはじめとするTゾーンは、ほかの部分に比べて毛穴の数自体が非常に多く、特に夏場は油分の分泌が活発になります。洗顔後、たっぷりの水分を与えて油分とのバランスをしっかりとってから『薬用 白い騎士』をお使いになってみてください。『薬用 白い騎士』には、毛穴の皮脂になじみやすい油溶性の“ビタミンC誘導体”が10%配合され、皮脂を抑えて毛穴を引き締めキメの整ったサラササラ肌をキープします。

体の美白には何を使えばいい?

体の美白には何を使えばいい?

ハーバーでは特にボディ用の美白商品はご用意しておりませんが、おふろできれいに体を洗ったあと、まだ体がぬれているうちに『薬用ホワイトニングスクワラン』か『スクワラン』を数滴手に取り全体にのばしていただくことをおすすめします。「スクワラン」で乾燥から肌を守りターンオーバーが整えることにより透明感ある肌へと導きます。

首のしわが気になり、とりあえず顔と同じお手入れをしています。何か良いアドバイスがありましたら教えてください。

首のしわが気になり、とりあえず顔と同じお手入れをしています。何か良いアドバイスがありましたら教えてください。

首のケアは、顔に比べて二の次になってしまいがちですが、実は年齢が真っ先に出るのは首や手といわれ、このことに気づいていない方も意外と多いようです。首もお顔の一部として、日常のお手入れをなさってください。
ハーバーをご愛用の萬田久子さん(女優)は、お風呂に入り石けんで全身を洗った後、首に『スクワラン』をつけ、ラップで被って5~10分位入浴するという首のオイルパック(その後は石けんで洗い流す)を行っており、しっとり、つやつやとのことです。

男性にもスキンケアは必要ですか?

男性にもスキンケアは必要ですか?

基本的には必要です。洗顔後につっぱり感等がなければ特に必要はありませんが、ひげそり後は肌が敏感になっていますので、うるおいを与え落ち着かせるケアが必要といえます。肌の状態により、男の美学『SQフォースローション』をお試しください。

ページトップへ戻る