当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。

お肌のお悩みQ&A

健康食品

「サプリメント」と薬はどうちがうのですか?

「サプリメント」と薬はどうちがうのですか?

錠剤やカプセルなど「サプリメント」の形は薬とよく似ています。両者のもっとも大きな違いは含まれる成分。薬の成分は厚生労働省の認可が必要であり、「サプリメント」には、これらの成分を使用することができません。
 「サプリメント」は、食品に含まれる有用成分を健康維持のために効果的に利用しようとするもので、あくまで食品として取り扱われます。

「サプリメント」を摂る目的は?

「サプリメント」を摂る目的は?

"私たちは、毎日完璧な健康状態で暮らしていくことはできません。多少調子が悪いなという日は誰にでもあります。「急な運動後の筋肉痛」「寝不足で頭が重い」といった一時的な不調は、病気とはいえない身体のトラブルです。
放っておくと取り返しがつかなくなる重大な身体のトラブル(=病気)を改善する目的で薬が使われるのに対し、「サプリメント」は、病気の引き金になるような小さなトラブルを起こりにくくする目的で使われます。"

普通の食事を摂っていれば「サプリメント」は不要ですか?

普通の食事を摂っていれば「サプリメント」は不要ですか?

バランスの取れた食事で、必要な栄養素をきちんと摂ることは健康の基本です。しかし、現実の生活では、好き嫌いなどによって栄養バランスは偏りがち。 さらに、最近では栄養素に対する考え方が、変わってきています。単に不足なく摂るだけでなく、生活習慣病の予防や現代社会につきもののストレスの影響を緩和するなど、より質の高い生活を送るために積極的に栄養素を摂取するために、色々な「サプリメント」が利用されるようになりました。

「サプリメント」には副作用ってありますか?

「サプリメント」には副作用ってありますか?

薬は一度に飲む量や飲むタイミングも決められており、正しい飲み方をしないと副作用が現れることもあります。一方「サプリメント」は食品ですから、薬のような激しい副作用はありません。もっとも、アレルギー成分に注意したり、特定のものを大量に摂り続けないように配慮する必要があることは、通常の食品と同じです。成分や摂取方法の表示をよく見て、正しく利用するようにしてください。

複数のサプリメントを同時に飲んでも大丈夫ですか?

複数のサプリメントを同時に飲んでも大丈夫ですか?

サプリメント(栄養補助食品)は薬ではありませんし、ハーバーのサプリメントには飲み合わせの悪いものはありませんので、両方を一緒に飲んでいただいても何ら問題はございません。

妊娠・授乳中にサプリメントを摂っても大丈夫ですか?

妊娠・授乳中にサプリメントを摂っても大丈夫ですか?

妊娠中は、鉄分などが不足しがちになりますので、それらを多く含む食べ物を積極的にお摂りになると良いと思います。ハーバーの健康食品でしたら、『鉄分グミ』がおすすめです。『鉄分グミ』は、「鉄」「ビタミンC」「ビタミンB12」のほか「葉酸」も配合しています。「葉酸」は、妊娠中や授乳中の女性には積極的に摂っていただきたい栄養素のひとつです。
なお、一般的に妊娠中に注意を要する成分としては、「ビタミンA」があげられます。「ビタミンA」を長期間、多量に摂取すると、母体に対して胎児が大きく成長する可能性があると言われています。そのため、「ビタミンA」を含む栄養補助食品をお摂りになる場合には、摂取量の調整を心がけていたただくようご案内しています。
ハーバーの栄養補助食品は、医薬品とは異なる「食品」ですが、食事とのバランスもありますので、摂取に関しては、かかりつけのお医者様にご相談いただくことをおすすめします。

薬との併用は大丈夫ですか?

薬との併用は大丈夫ですか?

「サプリメント」は食品ですから、基本的には問題ありません。ただ、ビタミンKなど一部の成分は、薬の働きを弱めることが知られています。病院で処方された薬を飲みながら「サプリメント」も利用したい場合には、医師か薬剤師に相談することをおすすめします。

長期間摂っても大丈夫ですか?

長期間摂っても大丈夫ですか?

ビタミンは食事に含まれる栄養素で、食事の一部です。大量生産、化学肥料、温室栽培等の問題や、偏食・外食等の理由により、現代人の食生活にはビタミン・ミネラル等の栄養素不足やアンバランスが目立っています。栄養補助食品は、いわば栄養バランスの悪い食事をバランスの良い食事に変えているわけですから、ずっと、毎日続けるべきものなのです。

栄養機能食品って何ですか?

栄養機能食品って何ですか?

国が定めた一定の条件を満たした食品の中で、体の成長・発達の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給を目的とした食品です。例えば、高齢化や食生活の乱れによって、人が1日に必要とされている栄養を摂取することができない場合などには、それらの栄養成分を補う目的で摂取する食品を指します。

ビフィズス菌は胃酸に弱いけれど…?

ビフィズス菌は胃酸に弱いけれど…?

ハーバーの『ビフィズスミックス150億』は、特許製造技術で作った健康補助食品ですので、他メーカーの同種製品に比べますと“胃酸に強い”特性*がありますが、やはり、胃酸には負けてしまいます。
胃の中に食べ物が入ると胃酸が分泌されるわけですが、固形物の場合、胃にとどまる時間は3~5時間ほどを要します。それだけの時間、食べ物と一緒に胃の中に存在すると、ビフィズス菌はほとんど死んでしまいます。胃の中に食べ物が入っていない時、例えば就寝前、もしくは朝の起きがけに、水またはぬるま湯等で飲みますと、胃酸は出ません。胃の中を10~15分位で通過してしまいますので、約94%が腸まで届くことが確かめられております。そのため、「高単位のビフィズス菌を、胃酸の出ない時に飲む」のが最良の方法と考えられます。朝食は、ビフィズス菌が胃を通過した後に摂るように心がけてください。なお、便秘気味の場合には、たっぷりの水分(コップ2~3杯)で摂ることをおすすめします。

*「耐酸性菌」という胃酸に強い種類のビフィズス菌を原料にしておりますので、pH3くらいまででしたら生きていられます。食後など、胃酸が活発に働いているときは、pH2くらいになってしまいますので、約3分の2が死滅してしまいます。ただし、この死菌についても、生菌によって再活用されますので、全てが無駄になってしまうことはございません。

合成ビタミンと天然ビタミンの違いは?

合成ビタミンと天然ビタミンの違いは?

「ビタミンC」は大変不安定で、アセロラやローズヒップなどから抽出してもほとんどが壊れてしまい、高単位で配合することはできません。“ビタミンC効果”として表示されているものは、量の大小に関わらず、ほとんどが「合成のアスコルビン酸(ビタミンC)」です。もし、天然ビタミンCの原料があるとしたら、抽出した液状のままになっています。万が一、天然のものがあったとしても、配合されている「ビタミンC」の含有量は変動が激しくゼロの場合もありますので、その含有量を表示することは不可能です。
現代では、天然物を安定化し、利用しやすくするためにさまざまな加工を行っています。また天然物と同じものを、他の原料を加工して作ることもあります。これらはすべて「合成物」といわねばなりません。
ハーバーでは、天然成分を主体とし、天然物から抽出した合成品も使っております。「ビタミンC」は天然物でも合成物でも“同じ構造式”であり同様の効果が得られますので、どうぞ安心してお召し上がりください。ただし「天然のビタミンC」は、通常、ビタミンPや微量のミネラルなどと共存していますので、さまざまな相乗効果があります。同じビタミンC量を摂るのでしたら、レモン、オレンジ等を生で摂ったほうが間違いなくより効果的です。

ソフトタイプのカプセルが胃に負担をかけるって本当?

ソフトタイプのカプセルが胃に負担をかけるって本当?

製造時にカプセル状に成形されているものを【ハードカプセル】、充填時にカプセル成形されるものを【ソフトカプセル】といい、使用目的によりこれらのカプセルを使い分けます。
「ハードカプセル」には、これまで、粉状のもの(粉状の物質を乾燥させ、水分量を4~5%以下にした成分)を主に充填してきました。乾燥された物質は比較的安定性が良く、酸化しにくい状態を保つことができます。こうして生産された製品を容器に入れ、乾燥剤を併用することにより、商品として流通することが可能となります。
一方、「ソフトカプセル」には、酸素と触れ合うと酸化してしまうものや、油状の液体で、そのままでは持ち運びに不便で摂取しにくいものを主に充填しております。最近では化学技術も進み、油性の成分を充填することができるようになりましたが、「ハードカプセル」の場合ですと、その構造上、容器となる「受け」の部分と「蓋」の二つに分かれるため、カプセルの中に空気の層ができてしまい、この空気の中に存在する酸素によって中身が酸化されてしまいます。そのため、酸化スピードの速い「EPA」や「DHA」は、酸素の入らない「ソフトカプセル」に充填し、さらに空気に触れないように、窒素充填を行っている企業が多いのです。健康食品に使われる油性成分はそのほとんどが不飽和の油ですので、酸素と触れ合うことを極力避けなければなりません。そのため、多くの健康食品や医薬品は、酸素の入らない「ソフトカプセル」を採用しております。
このような用途の違いのために、「ソフトカプセル」は、「ハードカプセル」に比べて厚さも強度も必要になりますので、単に37℃のお湯に入れて比べるだけでは、当然ながら、材質の薄い「ハードカプセル」のほうが早く溶けます。しかしながら、「ソフトカプセル」は私たちの体内温度だけで溶けるのではなく、胃酸や消化酵素によって素早く溶けることができますので、どうぞご安心ください。

サプリメントも「無添加」ですよね?

サプリメントも「無添加」ですよね?

「無添加」表示につきましては、「化粧品」と「食品(サプリメントも食品に分類されます)」で見解に差異があります。
まず「化粧品」の場合で言う無添加とは、以前まで厚生労働省で定められていた旧表示指定成分や石油系界面活性剤、タール系色素、合成香料などのような、「“肌の負担となる成分”を添加(配合)していない」ことを意味します。ハーバーはこれらの成分を添加しておりませんので、「無添加化粧品」という表記をしております。
一方「食品」の場合、「添加」の対象となるものは「食品の製造過程、食品の加工、もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するもの」です。つまり、「無添加食品」とは、「“食品への添加が認められている安全なもの”も使用していない」ことを示します(食品衛生法で定義されています)。従いまして、栄養補助食品(サプリメント)は、たとえ天然由来の成分を使用した安全性に優れたものでも、加工を施している食品ですので「無添加食品」という表示はされません。ただし、ハーバーでは、砂糖、合成着色料、合成保存料、その他一般的に“健康を害する恐れがある”とされている成分は一切配合しておりませんので、その意味においては「無添加」となります。また、ハーバーでは、厳しい安全基準に基づいた商品開発を行っておりますので、どうぞ安心してお召し上がりください。

美容ドリンクはいつ飲むのが効果的ですか?

美容ドリンクはいつ飲むのが効果的ですか?

美容ドリンクは摂取量や時間などの決まりはありません。飲みやすいタイミングでお続けください。

美容ドリンクに、妊娠・授乳中の方は飲まないように記載がありますが、何か影響が出るのでしょうか?

美容ドリンクに、妊娠・授乳中の方は飲まないように記載がありますが、何か影響が出るのでしょうか?

美容ドリンクは妊娠・授乳中の方を対象とした商品ではないため、“妊娠・授乳中の方はお召し上がりにならないでください”という表記を商品に表示させていただいております。全ての原材料は安心・安全を確認した原料のみを使用しておりますので安心してご飲用いただけるのですが、念のためかかりつけのお医者様にご相談の上、お摂りいただくことをおすすめします。

『3000C×B』『2000C×B』『500C×B』について教えてください。

『3000C×B』『2000C×B』『500C×B』について教えてください。

ビタミンは「水溶性」と「脂溶性」に分かれますので、それを総合ビタミン剤として一つにまとめようとすると、どうしても合成の材料を使う必要が出てまいります。そこで、「水溶性」のビタミンのすべてをバランス良く配合したのが、ハーバーの『C×B』(シーバイビー)です。
『3000C×B』『2000C×B』『500C×B』は、「ビタミンC」のほかに、食べたものをエネルギー転換するために不可欠な「ビタミンB群」を理論通りに配合し、さらに「ビタミンC」の働きを助ける「ビタミンP」を加えた“水溶性ビタミンの集大成”です。『3000C×B』『2000C×B』は1日1包、『500C×B』は1日1~3粒を、“食後すぐ”にお召し上がりください。

『C×B』を飲んでいると、おしっこの色が黄色くなるのですが…

『C×B』を飲んでいると、おしっこの色が黄色くなるのですが…

『3000C×B』『2000C×B』や『500C×B』に含まれているビタミン群は「水溶性」ですので、体内で必要とされる充分な量を取り込むと、余った分は尿や汗によって流出されます。またビタミンB群を摂取しますと、多少なりとも尿の色は黄色っぽくなります。そのため、一度に大量に摂取されますと、その量に比例して尿の色が濃くなることがあります。

「ビタミンC」も摂りすぎはいけないのでしょうか?

「ビタミンC」も摂りすぎはいけないのでしょうか?

ビタミンB群とCは、体内で必要な分だけが使われ、余った分は尿や汗によって流出されてしまう「水溶性ビタミン」ですので、過剰摂取の心配はなく、むしろ、欠乏症を心配されたほうが良いと思います。
一方、ビタミンAやDなどの「脂溶性ビタミン」は、摂り過ぎると「過剰症」になりやすいといわれておりますが、ハーバーでは、過剰症の心配のない摂取量をおすすめしておりますので、安心してお召し上がりください。

『ピクエース』を妊娠中に摂っても支障はないですか?

『ピクエース』を妊娠中に摂っても支障はないですか?

『ピクエース』は薬ではありませんし、副作用の報告はございません。
「妊娠を希望されている方や、妊娠初期の方の摂取は控えてください」という注意書きの必要のない「栄養補助食品」ですので、お摂りいただけます。ただし食事とのバランスもありますので、念のためかかりつけのお医者様にご相談いただくことをおすすめします。

栄養機能食品とそうでない商品の違いは?

栄養機能食品とそうでない商品の違いは?

「栄養機能食品」は、国が定めた「ミネラル・ビタミン類」の栄養成分の基準値を満たしている商品に表示しています。これらの栄養成分が入っていても、基準値の範囲外の場合、「栄養機能食品」の表示はございません。

「サプリメント」はいつ飲むのが一番効果的なのでしょうか?

「サプリメント」はいつ飲むのが一番効果的なのでしょうか?

サプリメントは栄養補助“食品”のため、摂取量や時間帯、及び食前・食後の決まりごとはございません。お摂り忘れのないタイミングということで、食後にお摂りいただくことをおすすめいたします。

摂りすぎの心配はありませんか?

摂りすぎの心配はありませんか?

一日の摂取目安量をお守りいただければ、摂りすぎの心配はございません。

表示の目安量よりも多く摂っても大丈夫ですか?

表示の目安量よりも多く摂っても大丈夫ですか?

目安量より多くお摂りいただくことで、ただちに健康に影響が出るものではありませんが、一日の目安量内での摂取をお願いします。

どのくらいの期間摂取すると良いのでしょうか?

どのくらいの期間摂取すると良いのでしょうか?

一概にどのくらいの期間というご案内は個人差もあり難しいのですが、継続してお摂りいただくことにより実感していただけます。“生活リズムに合う、飲み忘れのないタイミング”で毎日続けて摂取いただくことをおすすめします。

食品アレルギーの心配がある成分はありますか?

食品アレルギーの心配がある成分はありますか?

乳、大豆、ゼラチンなど、アレルギー物質表示対象品目が含まれる商品には表示しておりますので、ご購入の際にご確認ください。

子供が摂っても大丈夫ですか?

子供が摂っても大丈夫ですか?

ハーバーではビタミン・ミネラル・鉄分などを含めた栄養素は、基本的に毎日の食事からお摂りになることが理想的と考えています。特に育ち盛りのお子様には、できる限りご家庭で作る毎日の食事から必要な栄養素をお摂りいただくことが良いのですが、極端な偏食などのため、それでも足りない場合には、栄養補助食品で栄養素を補っていただくと考えています。
なお、亜鉛、銅、マグネシウムが含まれる商品は、「乳幼児(1~6歳のお子様)」の摂取は避けていただきます。厚生労働省の国民栄養調査で栄養所要用(必要量)を満たしていることが認められているためで、サプリメントによる補給の必要はございません。

どのような場所に保管すれば良いですか?

どのような場所に保管すれば良いですか?

直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に保管してください。

冷蔵庫に保管した方が良いのでしょうか?

冷蔵庫に保管した方が良いのでしょうか?

その必要はございません。

賞味期限について教えてください。

賞味期限について教えてください。

賞味期限は各商品に記載しておりますが、開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。

賞味期限が過ぎたサプリメントを摂っても大丈夫ですか?

賞味期限が過ぎたサプリメントを摂っても大丈夫ですか?

ただちに健康に被害が出るものではありませんが、摂取をお控えくださいますようお願いします。

サプリメントが体に合わないことってありますか?

サプリメントが体に合わないことってありますか?

ハーバーの健康補助食品には、砂糖・合成香料・合成保存料・その他一般に“健康を害する恐れがある”とされる成分は一切配合しておりません。厳しい安全基準に基づいた商品開発を行っております。しかしながら、その他一般食品にも相性の個人差があるように、まれに体に合わないことも考えられます。お摂りになって違和感がある場合には、摂取をお控えくださいますようお願いします。

糖尿病でも『GI糖』はとれますか?

糖尿病でも『GI糖』はとれますか?

低GI食品ではありますが、糖尿病の方のご使用については、かかりつけのお医者様にご相談いただくことをお願いします。

ページトップへ戻る