当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。
無題ドキュメント

2021.7.2

ライフスタイル

かんたん旬ごはん 7月

栄養価が高く、旨味や香り豊かな「旬の食材」を、簡単においしく楽しめるレシピをご紹介します。

01.パプリカのお手軽ミートソースドリア

美容にいいと言われるビタミンA、C、Eが豊富で、生でも焼いても美味しい「パプリカ」。ディルの緑を添えて、カラフルで食欲をそそる一品に仕上げてみました。

調理時間:20分  (1人あたり約475Kcal)

材料(2人分)

  • パプリカ 1個(色はお好みで) 
  • 合挽き肉 80g
    A
  • ご飯炊いたもの 200g
  • ケチャップ 大さじ2
  • 中濃ソース 大さじ2
  • チーズ(シュレッドタイプ)50g
  • ディル 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩、こしょう 少々

 

つくり方

1. 縦半分に切ったパプリカの種とワタをスプーンで取り、ディルは細かく刻む。

2. フライパンにサラダ油を熱し、合い挽き肉を入れてしっかり炒める。
Aを加えてさらに炒め、塩とこしょうを加える。

3. 1のパプリカに2を半量ずつ詰め、チーズを乗せてオーブントースターで10分から15分焼く。刻んだディルをのせて完成。




02.おくらとトウモロコシと豚バラ肉のカレーバター炒め

疲労回復効果のあるビタミンB1が多く含まれる「おくら」と栄養価が高くマグネシウムやカリウムなどのミネラルも豊富な「トウモロコシ」に肉バラを加えた夏バテ対策にも効果的な一皿です。

調理時間:10分 (1人あたり約450Kcal)

材料(2人分)

  • おくら 6本
  • トウモロコシ 1/2 本
  • 豚バラ薄切り肉 100g
  • バター 20g
    A
  • カレー粉 小さじ1/3
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1

 

つくり方

1. トウモロコシとおくらを軽く茹で、トウモロコシは長さ半分、縦4等分に、おくらは斜め半分に切る。豚バラ肉は長さ4cmに切る。

2. フライパンにバターとトウモロコシを入れて、焦げ目がつくまで焼く。ここに豚バラ肉とおくらを加えてさらに炒める。

3. 合わせたAを加えて、絡めるように炒め合わせる。




  


フードスタイリスト
新田亜素美
アミゴト株式会社代表。書籍や雑誌、テレビなどでフードスタイリングやレシピ制作を手がけ、幅広く活躍。著書に『並べて、焼けるのをまつだけ ほったらかしオーブンレシピ』(大和書房)ほか。ショッピングアプリBASEにてごちそうの素、BINJAN発売中。



連載一覧へ

HABA note 一覧に戻る

     



ページトップへ戻る