キレイを引き出す3ステップのスキンケア

肌が持っているキレイになる力を引き出すために必要なことは、実はとっても簡単です。
やさしく汚れを落とす、水分をたっぷり与える、1滴のスクワランで保護する。
たったこれだけのシンプルな3ステップを丁寧に続けるだけで、肌はどんどん元気に、キレイになっていきます。
季節や年齢の影響で肌の調子がくずれた時は、悩みに合わせたスペシャルケアをプラスします。

※1回の使用量のこと

3 STEP

3ステップお手入れの手順

基本の3ステップ

step 1

クレンジング
・洗顔

右矢印
step 2

うるおい
(化粧水)

右矢印
step 3

保護
(スクワラン)

プラス

必要に応じてプラス

special

スペシャル
ケア

step1 クレンジング ・ 洗顔

クレンジング

うるおいを守ってやさしく洗う

メイクや汚れを落として、化粧水などがなじみやすい肌に整えることはスキンケアの第一歩。
ハーバーのクレンジングと洗顔料は、どれも保湿成分スクワラン配合。肌に必要なうるおいを守りながら、
メイクや古い角質をきちんと洗い流し、その後の化粧水などがなじみやすい肌に整えます。

メイクをしている時 (クレンジング)

化粧水の使い方1

適量(2〜3プッシュ)を手に取ります。
(よりメイクをしっかり落としたい場合は
乾いた手肌でご利用ください)

→
化粧水の使い方2

4本の指を使い、
くるくると指ですべらせるようにしながら
メイクとよくなじませます。

→
化粧水の使い方3

水またはぬるま湯で充分に洗い流します。
熱すぎるお湯は乾燥を招くので注意が必要。
クレンジング後の洗顔は必要ありません。

メイクをしていない時 (洗顔)

化粧水の使い方1

手のひらをくぼませて適量を出します。

→
化粧水の使い方2

少しずつ水を加えてよく泡立てます。
泡立てネットを使うと便利です。

→
化粧水の使い方3

泡で顔を包み込むように全体をやさしく洗い、
水またはぬるま湯で充分に洗い流します。

step2 うるおい (化粧水)

ベースメイク

良質な水分をたっぷり補う

角質層がうるおいに満ちた肌は、ダメージを受けにくく、見た目にも美しく透明感があります。
化粧水は肌の状態に合わせて、重ねづけでたっぷりつけるのが、おすすめ。
肌に水滴が残るようになったら、うるおいがいきわたったサインです。

化粧水について
化粧水の使い方1

手のひらをくぼませて適量を取り、
両手にのばします。

→
化粧水の使い方2

やさしく包み込むようにつけていきます。

→
化粧水の使い方3

肌に水滴が残るまで
1と2を数回(3〜5回くらい)繰り返します。

step3 保護 (スクワラン)

ベースメイク

うるおいとすこやかさを保つ

たっぷりの化粧水の後に1滴のスクワランをなじませることで、
自然な皮脂膜のように肌を包み込んでしっとりすこやかに守ります。
角質層のすみずみにうるおいが満ちた肌はふっくらやわらかく、
美しさと自然な透明感があり、乾燥や紫外線などのダメージも受けにくくなります。

スクワラン美容
化粧水の使い方1

手のひらに化粧水の水滴がある状態で、
スクワランを1滴。

→
化粧水の使い方2

顔全体に使えるように、
手のひらでしっかりのばします。

→
化粧水の使い方3

手の温もりで優しく顔を包み込み、
そっと押さえます。

special スペシャルケア

ベースメイク

必要に応じてプラスする

季節や年齢の影響を感じたら、悩みに合わせたスペシャルケアアイテムをいつもの3ステップにプラス。
早目のケアでトラブルの起こりにくい肌に整えましょう。