当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。
無題ドキュメント

2021.3.26

メイクアップ

マスクたるみ(メイク編)

マスクたるみ(トレーニング編)に続き、脱老け顔のマスクメイクを紹介します!
マスク着用時は目元で好印象に見せるのがカギ。女性らしく上品なパール入りのアイシャドーをまぶたにのせて、明るい表情を引き出しましょう。眉の存在感をはっきりさせて、アイブロウコートで崩れを防ぐのもおすすめです。

01.脱老け顔メイク1.アイメイクは明るい色味で

アイシャドーはパール入りで明るめの色を選びましょう。
グラデーションアイカラー」は鮮やかな発色でくすみをオフするアイカラー。美容液成分を贅沢に配合しなめらかに伸びてしっかり密着します。



02.脱老け顔メイク2.眉メイクではっきり目元を

マスクメイクは眉がポイントです。
茶色いアイライナーなら優しい印象に。アイラインが濃いとキツい印象にみえますがが、茶色なら黒よりもソフトに。また、小顔に見せたいときは、眉メイクは細くシャープに。

眉尻をしっかり太く描いてしまうと、顔全体が大きく野暮ったい印象に見えます。

眉尻をシュッとシャープに描くことで、横顔に奥行きが出てすっきり小顔効果も。

描きたての眉メイクのキープにおすすめなのがアイブロウコート。摩擦に強く、描いた眉毛の上からなぞるように塗るだけで崩れを防ぎます。

アイブロウコート(眉メイクくずれ防止液)


03.知って得するマスク生活のポイント

お肌との摩擦の軽減にメイクは大切
素肌にマスクを着けると摩擦で肌荒れすることも。高保湿の化粧下地でうるおいを守りながらファンデーションを重ねることで、肌とマスクが直接触れることを防げます。

布マスクにメイクがついたら洗濯前にクレンジングでオフ
メイク汚れは油性なので、クレンジングで落とすのがおすすめ。洗濯前に、汚れた部分につけて軽くもみ洗いし、水で洗い流すひと手間をプラスしましょう。

マスクの色選びも印象アップのポイントに
白以外にも、黒やグレー、ベージュ、パステルカラーなどさまざまな色があります。時間がある時に、鏡の前で着け比べて、顔色が明るく見える色を探しましょう。


PICK UP ITEM

ナチュラルフィットアイブロウ/カートリッジ

眉尻をシュッと細くシャープに描けば、マスクを着けた横顔に奥行きが出てすっきり小顔に見えます。眉尻を描く時は、ペンを寝かせて手の力を抜きましょう。

詳しく見る


パーフェクトカバーコンシーラー

白いマスクとコントラストで目立ってしまうクマ。オレンジ系のコンシーラーを使えば、自然にカバーできます。指で軽くたたいてなじませれば、濃い色のクマも隠れて明るい印象に。

詳しく見る


しっとりベースEX

ファンデーションはつけたくないけれど、肌のくすみが気になる時は、顔色補正ができる化粧下地がおすすめ。これだけでもくすみがカバーできて、肌が明るく見えます。

詳しく見る


HABA note 一覧に戻る

     



ページトップへ戻る