当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。
無題ドキュメント

おうちでゆったりセルフケア

 

太陽の光を浴びない生活を続けていると、不眠症や自律神経失調症、うつ病などの精神疾患につながりやすいといわれています。できれば1日15分、全身に浴びることを意識してみてください。難しければ、日中は陽の当たるリビング等で過ごすなど工夫をしてみましょう。

※1 メイクをしていない場合 ※2 防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素は無添加

普段は時短料理で済ませている方も、この時期はいつもより手の込んだ料理にチャレンジしてみませんか?忙しいと食卓が殺風景になってしまいがちですが、料理が彩り豊かだと見た目も楽しく、美味しく感じられるものです。自宅で食事をとることが多くなった今、楽しい食卓を囲んでみては。

健康な生活を送るうえで栄養バランスを意識することは大切ですが、様々なストレスにより体内のビタミンCは消耗されてしまいます。ビタミンCは体内で作ることができませんので、毎日摂取するように心がけましょう。

体温が1度下がると免疫力は30%も低下するといわれています。また、就寝1時間前までに体を温めることで、眠りにつきやすくなるともいわれています。ぬるめの湯船にゆっくり浸かって体を温め、心身ともにリフレッシュしましょう。お気に入りの香りをプラスすることでよりリラックスできるでしょう。

湯船に浸かっている時間を利用して、スクワランパックをしてみませんか?湯船のスチーム効果でいつものスキンケア以上に、しっとりとやわらかく肌を整えてくれます。

忙しい毎日ではヘアケアを怠りがち。スクワランパックとともに湯船に浸かっている時間を利用して、トリートメントパックをしてみませんか?トリートメントをなじませた後にヘアキャップ等で2~3分パックするだけで、パサつきを感じさせない美しい髪を育みます。

お風呂で温まった体はストレッチに最適です。簡単なストレッチを行うことで、伸縮した筋肉を伸ばして、疲れやストレスをやわらげる効果があります。

普段は使わないけれどいつか使うかもしれない、と物に囲まれた生活になっていませんか?好きな物なら心地いいですが、物が溢れているのは、頭の中・思考も整理されていないのと同じこと。逆に言えば、片づけることによって、心や頭の中も整理することができるのです。“1年使わなかったものは処分する”など必要性を見極め、物も心もスッキリ軽くしてみることも時には必要です。

花と緑には心身をリラックスさせ、ストレスを緩和させる力があるといわれています。また、目が心地良いと感じる緑色の植物を見ると、視覚疲労が緩和するともいわれています。好きな花を一輪、観葉植物一鉢からでも◎。花と緑がある暮らしを日常に取り入れてみませんか?

 

ページトップへ戻る